施工環境と設備

施工環境と設備

こんなところで磨いています!!

常に密閉され、室温/湿度管理された空間で、過剰なまでの照明達に照らされ、愛車達は輝きを取り戻していきます。

そして最新の高性能コーティングが、最適な環境下でその性能を十二分に発揮致します。

  • new_studio01

    ▲クルマ用作業ブース

    ここで、洗車〜磨き〜コーティングまで作業します。

    すべての工程において、空調の効いた室内作業となります

  • new_studio02

    ▲バイク用作業ブース

    クルマ用作業ブースが埋まっている場合は、バイクは

    こちらでも作業可能です。天井高2mのこのスペースに

    ダウンライト27器、スポットライト2器設置。

new_studio03

◀カーフィルム用ブース

フィルムを洗う際や、セパレータ剥離の際に大活躍!

特注品の大型シンク、幅は約2mあります。

  • new_studio04

  • new_studio05

▲天井照明

磨き屋の生命線たる照明群は、面積比総数日本一(?と思い込んでおります^^;)を誇る明るさです!!

蛍光灯:30器以上/ダウンライト:120器以上/スポットライト:30器以上設置

壁材も光沢のある白い特殊な素材を使用し、更に明るさ倍増!全灯時には眩しいくらいです・・・

new_studio06

◀夜間全灯時

外から見るとこんな感じです。

回りは民家や駐車場なので、真っ暗な中ポツンと

異様な光を発しています。

知らずに通った人は皆振り向いて行きます。

  • new_studio07

  • new_studio08

▲フロア

フロアは光沢のある特殊ペイントを施しました。カラーは明るめのスカイブルーで、

明るさを損なうこと無く、また、敢えて汚れの目立つものをチョイス。

そうすることで、常に清潔に保つことを意識し、クルマの異常(オイル漏れ/水漏れ等)にも敏感に

気付くことができるよう配慮しました。また、室内での洗車や、フロア清掃を考慮し、効率の良い配置に

グレーチング(排水溝)を設けました。

new_studio09

◀空調設備

動力200Vの大容量ハイパワーエアコンを2機装備

ギリギリの容量でフル稼働よりも、敢えて

余裕のある大きめの容量で余裕の運転を!

小さなecoにつながります。

真冬の雪が舞い降る夜中に、半袖で洗車を

楽しめました。(さすがに水は冷たかったが・・・)

ちなみに設定温度は22〜24℃でした。

  • new_studio10

  • new_studio11

▲室温/湿度管理

左側は、真冬の雨天時昼間の状態です。右側が、エアコン始動30分後の状態です。

昨今のガラスコーティングは、高性能になりましたが、その分施工時の環境に多きく左右されます。

どんなに高価で高性能なコーティング剤をチョイスしても、最適の環境下で施工されなければ、

十分な性能を発揮することはできません。当店では、室温・湿度の管理に重点を置いております。

Infomation

当店所在地ですが、厚木市上依知となります。

当店は、事務処理/経理/web管理/メール対応/実作業等、すべて店主一人でこなしております。

その為、不意のご来店やお電話でのお問い合わせに、十分に時間を割くことができない場合が多々あります。

また、その都度手を止めてお話等することにより、その時作業している車両に対する時間やモチベーションが

損なわれてしまうことが、最も懸念されますし、オーナー様に対しても申し訳ないことと感じております。

そのようないくつかの理由により、詳細な住所や電話番号の記載を控えさせて頂いております。

どうか、皆様にもその旨ご理解頂き、初期コンタクトには、お問い合わせフォームもしくはメールにて

お願いできればと思います。もちろん、実際にご予約頂いた方やメールでは伝わりにくいことがある方、

どうしても事前に見学したい方等は、その限りではありませんが、ご来店頂く際には、事前に日時のご予約を

お願いしております。

  • twitter
  • mixi